So-net無料ブログ作成
検索選択

顔面移植したリチャードノリスの人生 世界仰天ニュース 

2012年に、全顔面移植手術を受けた
リチャード・ノリスさん(39)

22歳の時に些細な事がキッカケで
顔の半分を失い、
闇に隠れて生きて来たリチャード・ノリスさん。

脳死した人の顔を移植する事で、
新たな人生を歩みだしますが、
それは簡単な事ではありませんでした。

そんな全顔面移植手術を受けた
リチャードノリスさんを追ってみたいと思います。
スポンサードリンク





全顔面移植手術を受けたリチャードノリス 顔を失った原因



リチャードノリスさんは、22歳の時
酒に酔い帰った後、母親と口論になりました。

そしてカッとして持ち出した拳銃
勿論、打つつもりはありませんでした。

しかし運悪く、持っていた拳銃が
リチャードノリスさん目掛けて暴発してしまい、

顔下半分に直撃。
リチャードリノスさんは、鼻・あご・唇・歯を失い
命は取り留めたものの
顔面はめちゃくちゃになり、

鼻から下の部分の骨が砕け散ったせいで、
匂い、食事、会話、等が出来ない状態となってしまいした。

そして、その奇妙な顔になったせいで
10年間ずっと人目を避けて、
外に出られない人生を歩む事になってしまうのです。

その時の写真がこちら ↓
顔の骨が砕かれると、こんなにも
変わってしまうのですね・・・・

リチャードリノス顔面移植.png

そして何度も整形手術を繰り返しますが、
良くはなりませんでした

スポンサードリンク





全顔面移植手術を受けたリチャードノリス 顔面移植への誘い


そして、好奇な目で見られる事を避け、
外出時にはマスクを被り、
出来るだけ人目を避け
死にたいと思いながら生きて行く中、

メリーランド大学の病院から、脳死した患者がいるので、
顔面移植をしてみないかと言う連絡が入るのです。

しかし成功率は50%
成功したとしても、拒絶反応や
後遺症が残る説明を受けましたが、

リチャードノリスさんは、今の状態から
変わりたい気持ちの方が強く、手術を受ける
事を決断します。

そして、36時間に及ぶ手術に耐え、
術後6日で舌を動かしたり、目を開閉したりする事が
出来る様になりました。

リチャードノリスさんの顔面移植手術は
今までで最も広範囲にわたる手術だったと言われています。

リチャードリノス顔面移植後.png

顔面移植後は、まだ痛々しいですが、
完全に顔が戻っています。

リチャードノリスさんは、事故で亡くなった
ジャシュアさんの顔を移植することで、
新しい人生を歩む事になりました。

3年経っても、重篤な拒絶反応は
見られず、顔を隠しても生活もしなくても
良くなりました。

しかし、移植はずっと良好な状態が
続く訳ではありません。

顔面移植後、リチャードノリスさんは
新しい問題と向き合う事になって行きます。

スポンサードリンク





全顔面移植手術を受けたリチャードノリス 移植後の問題


移植を受け、新しい人生を歩みだした
リチャードノリスさん

しかし移植は、いつ起こるか解ら無い、
拒絶反応との闘いが待っていました。

そして、拒絶反応を抑制するために
一生飲み続ける薬に加え、

酒や煙草は厳禁、
傷を作ってはいけない為、
小さなケガもダメ、日焼けも肌に良くない為禁止

顔面移植は上手く行っても、
20年から30年が移植の寿命の限界なのだそうです

薬を飲まなければ、
免疫力が低下し、小さな感染で死亡する危険性も伴います。

そんな過酷な生活が待っていました。

やはり、他人のものを移植すると言う事には
限界がある様です。

そんな中でも、リチャードノリスさんは
後悔していないと断言しました。

新しい顔で一生懸命生きています。
いつ起こるか解らない、拒絶反応を抱えて・・・。

それでも、一生人に顔を見られたく無い思いで、
毎日死にたいと思いながら生きて行くよりは
ずっと良いと語っていました。

人に顔を好奇に見られる事無く
普通の生活が出来る事が、どれだけ幸せな事かと。

顔は人にとって、それほど大事なんだなと
思わせる、重いコメントだと思います。

リチャードノリスさんが、
苦しい思いの中で生きて来て、
顔面移植と言うチャンスをくれた
ジャシュアさんの思いも詰まっているのかも知れません。

2人の思いがあるからこそ、リチャードノリスさんの、
拒絶反応を止め、新しい人生が歩けて
いる様にも感じます。

脳死したジャシュアさんの姉が、移植後の
リチャードノリスさんの顔を触りながら、
弟の顔と対面し、抱き合うと言う事も
ありました。

このままずっと幸せに生きて欲しいと
願うばかりです。

スポンサードリンク





全顔面移植手術を受けたリチャードノリス 移植後の現在


顔面移植を受け、拒絶反応と戦いながら
生きているリチャードノリスさん

術後116日の写真(左)と現在の写真です。

リチャードリノス顔面移植後現在.png

顔面移植後、リチャードノリスさんは
メンズファッション雑誌「GQ」の表紙を飾りました。

顔を入れ替えた前後の違い
そして手術に伴う多大な代価を雑誌でさらけ出したのです。

しかし世間の評価は、
史上一番醜い表紙と批判しました。

が、リチャードノリスさんのこれまでの頑張りは、
事故や戦争で顔を損傷した多くの人に
希望を与えました。

顔の事で悩む多くの人への希望と、
移植への期待をもたらしたと言われています。

現在はまだ拒絶反応は出ていません。
山奥で静かに暮らしているそうです

そしてリチャードノリスさんを
世話したいと言う女性も現れた様子。

いつ起こるか解らない
拒絶反応と暮らしてはいますが、
移植によって、違う人生を歩きだしています。

スポンサードリンク





最後にミドルの一言


世の中には、何かの事故などで
顔を失い、損傷し、悩んでいる人が沢山います。

リチャードノリスさんのように
上手く行く例もあれば、移植後数時間で
拒絶反応をおこし亡くなる方もいます。

リチャードノリスさんの母親は、息子の事を
病院のラットだと言います。

リチャードノリスさんは、余り口を開かないものの、
見えない所では、色々な治療を試験的にされたり、

移植が上手く行っても辛い思いをしているのかも
知れません

リチャードノリスさんは、禁止されている
酒を注射針から、口へと注入し深酒して
寝てしまうことがあるそうです。

それは、事故で一旦は絶望の縁に追いやられ、
顔面移植でもう一度、人生を歩ける事になったとしても、
いつも拒絶反応と言う死と隣合わせの中で生き、

普通の生活が出来る様になっても、
拭えない気持ちがあるのだと思います。

消防士を目指していた22歳の青年が、
些細な口論から事故に遭い、
人生を失った代償は、移植が成功しても
尚続いているのかも知れません・・・

スポンサードリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。